あるドイツ語学習者の断想

ドイツ語を学ぶ。 ohne Fleiß kein Preis.

ニュースとInstagram を活用したドイツ語学習

珍しくニュースに関わる投稿をしてみます。

soccer-king.jp

この報道を日本語で知る少し前に、Instagramにて、以下のようなドイツ語文章が投稿されていたのを見かけました。引用します。

Mesut Oezil tritt aus der deutschen Nationalmannschaft zurueck, weil er vom Rassismus und der Respektlosigkeit enttaeuscht ist.

 上の事実を知る前には、ほぼ理解できませんでした。その時の私の頭の中を書き出してみます。

メスト・エジルはドイツのナショナルチームを、何かして*1 (カンマ以下は、weil だから理由が述べられるな) Rassismus レイシズム・人種差別、と「リスペクトが無い状況」 が、どうのこうの、のために。*2

 ということで、主文と副文双方の動詞(述語)の意味が取れないという体たらく... 勘が良かったり、類推力があれば、上の良く分からない箇所も想像がつくようにも思います。

 

上のニュースを頭に入れ、また動詞の意味を辞書で引き、ようやく明快に理解しました。

メスト・エジルは、人種差別と無配慮*3に失望したため、ドイツ代表チームを引退した」なるほど。すっきり。あらゆる情報がつながりました。クロスワードパズルのような感覚。

「言葉の壁」と「内容に関する情報量」

ことばは分からなくても、内容は理解できるということがあり得るということの一例です。多少分からない単語や表現があったとしても、俯瞰的には把握できる。人間が持つ類推や応用の為せる技だと思います。振り返って、そのブラックボックスだった箇所を確認すると、他の理解できた箇所と繋がって、無理なく理解し、無理なく習得できそうです。

  • ドイツ(語)でも取り上げられる日本語のニュース、また逆に
  • 日本(語)でも取り上げられるドイツ語のニュース

その双方を往来するのも面白そうです。面白いのと同時に学びにもなるという。

その観点では、このサイトをよく閲覧しています。

Asienspiegel | News. Reisen. Japan. Von Jan Knüsel.

日本のタイムリーな情報・ニュースをドイツ語化されているようです。

 

*以下は、ドイツ語学習のための記述になります。 

  • zuruecktreten 分離動詞。今回は「退く、引退する、辞退する」。考え方として「蹴り戻る(step back)」もありだが、“どこからどこへ行くか”という方向性がつかめなかった。この場合は、“チームに召集された状態から、元の所へ戻る、つまり、チームを出る”、とすればしっくりくる。
  • enttaeuschen失望させる」。このさせるという所に注目。主語が4格をがっかりさせるわけで(他動詞)、主語ががっかりするわけではない、と。主語は人だけでなく、事象や行為になることも多そう。今回はist と共に使われている。辞書の enttaeuscht の欄を見ると↓
  • von + 3格(またはueber + 4格)enttaeuscht sein~3格または4格にがっかりしている」というものがあると分かる。今回はこれ。このような形容詞的な用法を知らなくても、まず動詞としてのenttaeuschen が分かればクリアできそう。

enttaeuschen を分析的に理解して憶える/具体的に何がどうなることなのか

  • まず、tauschen は「交換する」という意味。英語ならexchangeかな。フラットな、フェアなやりとり。
  • 次いで、ウムラウトする taeuschen は「だます、欺く、裏切る」となります。相手に不利益を与えるようなアンフェアなやりとりが見えます。
  • そして、enttaeuschen が「失望させる、がっかりさせる」。だましたり、裏切ったりすることの延長線上にある感情の動き。さて、失望とか、がっかりという感情はどこからくるのでしょうか。それは「望みや約束事が成立している状況」を前提にしており、それが「裏切られたり・思いとは違う方向にことが進むこと」によって引き起こされます。だから失望させる/したりする。日本語特有の表現、まさに「がっかり」する。

 

ちなみに、ent… という接辞語は何を意味するでしょうか。辞書を引くとどんどん出てきます。

  1. 対向:向き合う:entbieten「(挨拶などを)伝える」
  2. 離脱:離れる:entfallen「(手などから)すべり落ちる」
  3. 起源:起こる:entspringen「由来する」
  4. 開始:始まる:entschlafen「(しだいに)眠り込む」
  5. 復原(復元):enttaeuschen「幻滅させる」*4
  6. 除去:取り去る:entkleiden「服を脱がせる」

 

*1:zurrueck? 分離動詞か、zurruecktreten? 「蹴り戻る」???

*2:enttaeuschten って何だっけ? いつも忘れるやつだ。。 あんまりいい意味じゃないことはわかるけど

*3:リスペクト無き状況、尊敬の念の無い状態

*4:辞書的にはここに位置していますが、イマイチしっくりこないのは私の理解が浅いためでしょうか。だますことが復元する、つまり何度もだます、よって幻滅・落胆・失望ということにつながるのかな

ドイツ語学習者なら知っておきたいブログ

他ブログの紹介です。

「元コンサルタントな歴史家」

https://www.ito-tomohide.com

 

目から鱗が落ちる、とはこのことです。

私のようなドイツ語を独学している者にとってぴったりのコンテンツが扱われています。当ブログよりもはるかに著名ですので、「知ってるよ」という(ドイツ語に興味のある)方は多いようにも思います。

ともかく、感謝の念から今回本ブログで紹介させて頂くことにします。

 

 … と枚挙に暇がありません。ここまで面白いブログがあることを黙っているなんて、私にはできませんでした。

 

ドイツ語学習に関して

ドイツ語にせよ他の言語にせよ、単に知っただけで能力が向上するという類のものではありません。語学は単なる知識や情報の取得では済まない部分がありそうです。

全ての段階で、習熟度や「慣れ」が要るように思います。

せっかく素晴らしい情報を得てもそれを自分なりに咀嚼して実践していかなければ意味がない、身につかないと気づきます。

自戒を込めて。

どんなに優れたコーチがいても、自ら走らなければ本人の成長はない、とかつての恩師が言っていたのを思い出しました。

自戒を込めて。

 

まとめ

この記事では

「元コンサルタントな歴史家」
https://www.ito-tomohide.com

を紹介しました。

 

*1:東京外語大のそれは英語、ドイツ語だけでなく多言語に対応、素晴らしい

*2:読む、聴く

*3:書く、話す

*4:上記における脳内のあらゆる処理

『ドイツ語で世界を読み解く』を読み進めて

この本に取り組んでいます。特に今日は。

ドイツ語で世界を読み解く

ドイツ語で世界を読み解く

 

現在全体の4割くらい進められたかと思います。購入自体は2年くらい前で、気が向いた時に開く感じです。

某大型匿名掲示板サイト*1の中で、「これに集中したら準一級に受かった」という旨の書き込みを見たのが購入のきっかけでした。名もない、信憑性に欠ける情報ではありますが、書店でよく見かけていたし、タイトルから読み取れる趣旨には賛同していましたので、購買行動に至りました。

 

どんなことを得られる本か

一言で言うとドイツ語リーディング力の養成本、でしょうか。

ドイツ語のテキスト*2を読み解くためのノウハウが満載です。後は体得、トレーニング、自助努力のみか。

どんな人が読むべきか

はしがきで著者が、独検3級を下支えとして、2級-1級レベルの難易度、と記しています。

準一級挑戦者の方*3には重要な本なのではないでしょうか。

 

 

 

*1:あれです。あれ

*2:新聞や雑誌といったメディア記事

*3:私もその1人

『まいにちドイツ語』を聴いて/例外とは何か

「まいにちドイツ語」をちゃんと聴けた今朝。その足跡を残しておきます。

作文練習の箇所から引用します。

Davon ausgenommen war die niederlaendishe Handelsstation auf Hirado.

その例外とされたのは(直訳:そこから除外されたのは)、平戸のオランダ商館だった。 

  •  von 3格 ausgenommen sein 「3格の例外とされている」

ausnehmen が分離動詞。「4格を3格から除外する」「4格を3格の例外とする」という意味。

 

例外とは何か

  • 基本原則
  • 通例
  • スタンダード
  • 規則

そういう既存の枠組みの「外側」に位置するもの。それが例外ということなのかなと思います。例外というのは多くの枠組みにおいてつきもので、どうすることもできない事象だったりします。どうすることもできないから例外となった。

例外的な存在というのは、何かに属さない存在であり、少数派であったり、新規性を帯びたものだったりすることもしばしばです。まさに平戸・出島はそういう存在でした。そういう観点では何らかの枠組み・カテゴリーを構築しておきつつ、それを利用しながら物事を解釈すると同時に、そこから逸脱する何かに目を光らせてみるというのも、着想として有効なのかもしれないと思いつきました。例外的な存在を礼賛しよう! 

 

Dienst ist Dienst, und Schnaps ist Schnaps.

今朝は『まいにちドイツ語』を聴くことができませんでした。

言い訳*1としては、

・いつもよりも朝早く目が覚めた

・いつもよりも早く出社して、溜まり気味の仕事を進めようと思い立った

・放送時間の7:00~7:15には既に仕事に入っていた

そういう理路でございました。仕事は仕事なのです。そう言えばこんなことわざがあるそうです、ドイツ語には。

Dienst ist Dienst, und Schnaps ist Schnaps.

「仕事は仕事。酒は酒」

きっちり割り切る国民性があるのでしょうか。まさにマイスター*2の国。


そんな中、今日の通勤時間時には何をしたか?

他のブログで紹介されていた、無料の映像教材付きのサイトに触れていました。

サイトの存在は知っていたのですが、1つのきっかけを頂きました。感謝。

因みに、英語やドイツ語はもちろんのこと、他の多くの言語も扱われていることに驚きました。興味津々です。

 

*1:あるいは理由

*2:Meister

『まいにちドイツ語』を聴いて/つまりってつまりなんなの?

7月18日水曜日、朝のまいにちドイツ語、について振り返ります。この平日毎朝15分間の旅を続けています。もはや『まいにちドイツ語』ブログとも言うべき当サイト。引用します。

Schlüsselsatz heute 今日のキーセンテンス

Sie sind sozusagen die beste Weinkennerin in Deutschland!

「あなたは、いわばドイツでいちばんのワイン通、ということですね!」

最上級。

 

直訳すると*1

「あなたは、言わば、ドイツにおいて、最もワインをよく知る女性です!」

もちろん日本語としてこなれていないことは分かっていますが、こういうことになると確認することはできました。

sozusagen いわば

まず、複数の単語をスペースを置かずに一単語として表記するこのドイツ語の発想。英語なら「so to say 」かな*2

 

さて、いわば、って何でしょうね?

  • つまり
  • 言うなれば
  • 言い換えると
  • 別言すれば
  • もっと他の*3言い方をすると

こういう意味だと思います。日本語にもドイツ語にも存在すると分かります。以前も触れましたが、日本語現代文の読解上、かなり有効な「記号」だと習ったのを思い出します。「いわば」の前付近に「やや難解な表現のキーワード」があり、それを「別の言葉で言い換えて説明している」。

言語は違えど文意理解・読解におけるエッセンスは普遍的であり不変的だと感じます。論理のような骨子は言語を超えて存在する、と。

それでも漂う機微やニュアンスをドイツ語から、あるいは何か別の言語から感じ取れたら楽しいかもしれません*4

 



 

*1:なぜ直訳するかと言うと、構造の骨格を捉えるためです。状況や文脈に基づいて「日本語」らしくする行為は凄く大切だと思うのですが、それだけでドイツ語を分かった気になって終わりにすると、応用が効かない気がして

*2:こういう表現・イディオム、ありますか?

*3:分かりやすい

*4:上手く説明できていないだけで既にそれを体感しているようにも思います

『まいにちドイツ語』を聴いて/比較とは何か?

今朝から平常運転。2018年7月17日火曜日のまいにちドイツ語、について語ります。まずは引用から。

Schlüsselsatz heute きょうのキーセンテンス

Er ist etwas größer als Ihre Hündin.

「うちの犬*1は、あなたの犬*2よりも少し大きいですよ」

比較級。英語の比較級と考え方は同じと見なして良さそう。

 

あるものを比較するとは

さて、物事を表現する、人に何かを伝えるという行為において、ある同種の二者の関係がどうなっているのか、について意識することがあります。

二者の差異を知ることは、それぞれの特徴を色濃く描き出すことになります。

  • 大小
  • 多寡
  • 長短
  • 貴賎
  • 美醜
  • 強弱
  • 硬軟
  • 善悪

尺度は数多ありますが、その数直線上のどこにそれぞれが位置するかを表すことは、説明の大きな要素です。比較とは説明なのかもしれません。

 

この意識の持ち方が民族や国ごとに違うのだ、という仮説がぼんやり浮かんできます。

 

日本語では取り立てて「級」として意識しない人の方が多そうですが、英語同様、ドイツ語にもこの比較級という表現は存在します。日本人には無くて英語話者やドイツ語話者にはある。

もちろん日本人だって日本語で「比較」をしないわけではないのですが、文法事項としてくっきりと規定されてはいない、英語やドイツ語のように。

 

と、この手のことに意識を向ける時必ず、自分にとっての4か国語目*3に関心を抱かずにはいられないのです。

 

 



 

*1:Er つまり雄犬

*2:Hündin とあるように雌犬

*3:つまり日本語、英語、ドイツ語以外の言語