あるドイツ語学習者の断想

ドイツ語を学ぶ。 ohne Fleiß kein Preis.

100パーセント宇宙

ドイツ語を自分なりに学びはじめてはや丸4年が経過しています。その中での思い、気づきについて。

 

理解度というのがあるのと同様に、非理解度、つまり「分からなさ」というのもあるのではないかと感じます。分からない様態にも程度や尺度があるのではないか。

分かる・分からないを巡って以下、色々とシミュレーションしてみます。

 

  • ちょっとだけ分かる、つまり9割以上分からない
  • 半分くらい分かっていて、残りの半分くらい分からない
  • 全部で「A」「B」「C」の要素があり(←このことは分かっている)、そのAとBについては分かっているが、Cについては分かっていない
  • 全く分からない
  • 何が分からないかすらも分からない
  • 分からないという意識すら皆無

 

分からないことに対しても様々な様態があると分かります。

 

  • 100%分かっている

と思っていたが、実は「それ」が100%ではなく、ある要素の1部分でしかなかった。分母がふとした時に拡大することがあるのです。


例えば、宇宙を100%、理解したとしましょう。

その時、宇宙の外側に宇宙ではない「何か」があることに気づいてしまうとしましょう。

その場合、

  • 宇宙のここまでは分かった
  • しかしここからはまだ明らかになっていない

という推論が得られます。

 

何を自分が分かっていて、逆に何を知らないか、ということも知っているほうが理想的なのかなという思いです。

「知のマップ」を求めます。

ドイツメディアは何を取り上げているか

さて、今日もこちらを参照し、何が取り扱われているかを見ることにします。

14.11.2018 – Langsam gesprochene Nachrichten | Nachrichten | DW | 14.11.2018

今日はざっくりめでやってみます。また試験的に日本語を先に持ってきています。

  • イタリアの財政が厳しくて、EUとそりが合わない話
  • ブレグジットの話題
  • ドイツ経済が2015年の水準まで下がっている話題
  • 中米の難民・移民の問題と米国の動き
  • 麻薬王“エル・チャポ”の裁判、鳴り物入りで開始*1
  • カリフォルニアの大火事で更に犠牲者が増えている話題*2
  • ピンクダイヤ「ピンクレガシー」が記録的な高値をつけている話題*3

 

  • Italien bleibt im Haushaltsstreit mit der EU stur
  • Kabinettssitzung in London zu Brexit-Abkommen
  • Deutsche Wirtschaft schrumpft erstmals seit 2015
  • Erste Migranten aus Mittelamerika erklimmen Grenzzaun zu USA
  • Prozess gegen Drogenboss "El Chapo" beginnt mit Paukenschlag
  • Zahl der Opfer bei Bränden in Kalifornien steigt abermals
  • Rosa Diamant "Pink Legacy" für Rekordpreis versteigert

 

フレーズメモ

*1:ホアキン・グスマンなる人物を恥ずかしながら知りませんでした。ウェブの力で周辺知識を得ることができました。凄まじいですね。

*2:これも驚異的です

*3:およそ5000万ドルとのこと! 単位は円ではなくドル! 何がどうなっているのでしょうか!!

「無知の知」の無知の知

ドイツ語にせよ、英語にせよ、あるいは語学以外でも学ぶということは奇妙なものです。

 

  1. それを知りたいという純粋な衝動から行動します
  2. 何かに手がかかり、それを知ることになります
  3. するとその周りの「自分が知らない何か」を知ることになります
  4. それを追うためにまた探求が始まります

 

このループそのものを面白いと思えるかどうかという議論もあるでしょうが、やっぱりこれは楽しいことだと私は思います。

 

  • 宇宙の外側はどうなっているのか?
  • 喜びや悲しみ、感情はなぜ、どこから来るのか?
  • 私たちの知覚とはどうなっているのか?
  • 時間の始まりは? そして終わりは?
  • 私たちは「なぜ在る」のか?

大袈裟な問いですが、期せずして究極的な方向に思いが向かいました。

 

そうです。ドイツ語の参考書や問題集に取り組んで気づいた話題でした。

 

ドイツ語で世界を読み解く

ドイツ語で世界を読み解く

 

 

 

最近覚え(ようとし)たフレーズを巡って

電子辞書*1は素晴らしいもので、次から次へと記録してくれたり、閲覧履歴を残してくれています。

ブックマークの中からコレ、というものを抜き書きし、自分の記憶の定着の一助とさせて頂きます。

 

Du machst allzu viele Fehler.

君はあまりにも間違い〈失敗〉が多すぎる

なぜブックマークしたのでしょうか?

おそらく allzu あまりに(も)、を調べた時かな。

ちなみに、私が一番辞書を引く局面は、Instagramのドイツ語系のアカウントを眺めている時です。なぜそんなにいいねが押されるのか、何が面白いのか気になるので意地でも読み解こうとするのです。そういう性分です。

 

Geld spielt bei ihm keine Rolle.
彼には金は問題ではない(彼は大金持ちだ)

keine Rolle spielen 重要でない、問題にならない

直訳すると「役割を演じない」みたいなことかな。外国語には日本人からすると何というかオシャレな表現があるとつくづく思います。精神的、内的なオシャレ。

 

sich⁴ in Widersprüche verwickeln
矛盾に陥る

 

ein aktiver Wortschatz
(みずから話したり書いたりできる)積極的〈使用〉語彙(ごい)

 

 

*1:iPhoneアプリの辞書

最近の教材まとめと今後の方針

今、主に取り組んでいる参考書・問題集類を列記すると共に、これからどう向き合っていくかを考えておきます。

独検合格らくらく30日 準1級

独検合格らくらく30日 準1級

 

今の中心教材はこれ。

この「らくらく」という形容詞!

らくらくであるか、否かは主観に基づいていますね。もうすぐ一通り終えられます。早く二巡目に行きたい。

これから

試験までに2回通してやってみる

 

独検準1級合格講座 上級ドイツ語へのステップ・アップ

独検準1級合格講座 上級ドイツ語へのステップ・アップ

 

本の厚さでは一つ前のより、こちらの方が上。その分解説が詳しいが、問題数は少ない。

これから
  • 最後までやり通す
  • 巻末の熟語集のようなものをできるだけ憶える*1

 

独検過去問題集2018年版<2級・準1級・1級>

独検過去問題集2018年版<2級・準1級・1級>

  • 作者: 公益財団法人ドイツ語学文学振興会
  • 出版社/メーカー: 郁文堂
  • 発売日: 2018/04/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

結構前に一度「触ったきり」。今くらいの段階で再度取り組めば、得るものがあるかもしれません。

これから

再度やってみる。問題に対応できるようにしておく。

ドイツ語常用6000語

ドイツ語常用6000語

 

小さくてコンパクト。携行しやすい。手に馴染む。

原則例文は無く、また日本語訳が古いものもある*2のが残念だが、とにかく小型なのが良い。目にしたものには全て何からのマーク、チェックを入れています。余白には遠慮なく書き込みを入れています。例えば、

  • 自分なりの留意点
  • 別の日本語訳
  • 載っていない派生語の追記
  • フレーズや例文の抜き書き
  • その単語の「イメージ」、図、絵、空間的な構造 など

尚、紙の辞書は最近ほぼ開いていません。iPhoneアプリの独和・和独・独独辞典を主に使用してそれでよしとしています。

上の単語集が私にとっての辞書なのです。書き込むことにより、パワーを注入している感覚もあります。この6000語を軸にして更に拡げていくような。

これから

今の使い方を継続!

 

最後はこれ

ドイツ語で世界を読み解く

ドイツ語で世界を読み解く

 

非常に多くを学べています。さあ、準1級受験までに全てを終えられるのか?

 

これから

とにかく一通りやり遂げる。


試験の後であっても、もちろんドイツ語に接していくつもりです。しかし、試験後にこれらをやって後悔するのは避けたい。試験前にやっておくほうがどれだけ良いか!

この辺りも踏まえ、体調を管理しつつ進めていくつもりです*3

*1:これで数点変わってきそう

*2:今そういう言い方はあまりしないなあ、とか、特に地名は顕著です

*3:ここまで書き連ねてきて、モチベーションが高まってきている自分に気づきます。書くことそのものの効能

『ドンと来い分離動詞』を再読して

久々に本について述べましょう。

ドンと来い分離動詞

ドンと来い分離動詞

 

ドンと来い分離動詞。

実は以前にもこのブログで紹介したことがあります。やっぱり好きで引き込まれてしまうので再び語らせてください。

 

面白いポイント

  1. 筆者の文体・語り口 : 肩が凝らない読み物でありながら、核心をついた内容。自然と理解が進む感じ。
  2. 言葉が織りなす「概念」や「空間的、時間的なヴィジュアル」が立ち上がってくるような解説 : 言葉の言葉的な解説ではなく、言葉が示しているヴィジョンを見せてくれる感じ。

 

参考書であって参考書でないというか、学術書ではないのに充分に学究的であるというか、そういう雰囲気を醸し出しています。比喩が多くて文学的ですらある。そもそも言葉というのは数式や公式で割り切って語れるものではなくて、イメージや感情の支配する「遊び」のあるものなのだろうと思えます。

自分なりのドイツ語学習、特にドイツ語のニュースを日々読む取り組みを経て、以前よりは多くの生のドイツ語文章に触れ合ってきました。それを踏まえてまた本書を読むと、物凄く面白い。少しだけ見えてきたドイツ語のしくみ、自分の中に出来つつあるドイツ語像を強くしてくれるというか、「その理解でいいんだよ」と背中を押してくれるような感覚を抱きます。

 

また反対に、本書で得た知識を試してみたくて、読むこと*1に積極的になれる自分がいます。

*1:広くはドイツ語に接すること

「トランプ、マクロンの欧州軍提案を批判」: ドイツ語ニュースより

一トピックを丸ごと引用し、それを訳してみます。*1

10.11.2018 – Langsam gesprochene Nachrichten | Nachrichten | DW | 10.11.2018

こちらの筆頭記事を。

Trump kritisiert Macrons Vorschlag einer europäischen Armee 

「トランプ、マクロンの欧州軍提案を批判」

US-Präsident Donald Trump hat die Forderung von Frankreichs Staatschef Emmanuel Macron nach einer europäischen Streitmacht scharf kritisiert.

アメリカ大統領ドナルド・トランプはフランスの首相エマヌエル・マクロンの欧州軍の要請を激しく批判した。」(なぜ軍が必要かというと、米中ロから身を守るため。それに対してのトランプの反応ですね)

Bei seiner Ankunft in Paris schrieb Trump auf Twitter, dieser Vorschlag sei "sehr beleidigend".

「パリに到着した際トランプは、その提案は“非常に侮辱的だ”とツイッターで投稿した。」(SNSで感情をあらわにするスタイル、これでいいのでしょうか)

Er forderte die Europäer auf, stattdessen ihren Anteil für die NATO zu leisten.

NATOのために分担金を支払うことを彼はそのヨーロッパ人に要求した。」

Diese werde von den USA in hohem Maße subventioniert, so Trump.

「これはトランプ含め米国によって高い水準の補助金が支払われている。」

Der US-Präsident ist nach Frankreich gereist, um gemeinsam mit dem französischen Präsidenten und anderen Staats- und Regierungschefs an den Gedenkfeiern zum Ende des Ersten Weltkriegs vor hundert Jahren teilzunehmen.

「米国大統領は、フランス大統領や他の国家・政府の首相と共に第1次世界大戦の終結100周年の記念式典に参加するため訪仏していた。」

 

語彙の整理

  • der Vorschlag 提案, 提言, 提議, 提唱, 申し出; 発議, 動議*2
  • kritisieren 批判する、批評する、こき下ろす *3
  • die Streitmacht = die Streitkräfte 戦力、兵力、軍隊*4
  • subventionieren 補助金を支払う、補助金で援助する
  • die Gedenkfeier 記念式典

*1:やり方を少し変えました。毎日同じ形式だとさすがに飽きますからね

*2:私の中のイメージとしては「ある人(たち)の前に呈されたたたき台」。だから提案という日本語だけでなく状況に応じて色々な言葉になる

*3:-ieren 系の動詞。〇〇系みたいなパターンで物事を捉えるのは面白い。分類っていうのは喜びです

*4:die Armee に言い換えられる