あるドイツ語学習者の断想

ドイツ語を学ぶ。 ohne Fleiß kein Preis.

『言語』とストレングスファインダー2.0

言語―ことばの研究序説 (岩波文庫)

言語―ことばの研究序説 (岩波文庫)

最近はインプット過多です。色々と本を買い込んで読む日々。
ブログによるアウトプットモードになっていない状況です。

さて、この本が大変面白いのです。自分の興味・関心に沿っています。

例えば見出しから引きますと、

思考は言語なしで可能であるか

いかにして方言は生じるか

英語とドイツ語の、ある母音と子音の歴史によって例証される音法則

まだまだ、ありますがこれくらいにしましょう。
時間を忘れ、夢中になって本書に没入してしまいます。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

これも面白い。自分自身に固執するわけではないのですが、やはり自分についての情報には興味があります。できる限り知っておきたい、と思うのです。

実は本書の前作

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

  • 作者: マーカスバッキンガム,ドナルド・O.クリフトン,田口俊樹
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2001/12/01
  • メディア: 単行本
  • 購入: 160人 クリック: 3,045回
  • この商品を含むブログ (462件) を見る
にも取り組んでいました。2011年に。

私の上位5つの資質を公開しておきましょう。

  1. 【収集心】Input
  2. 【最上志向】Maximizer
  3. 【内省】Intellection
  4. 【目標志向】Focus
  5. 【分析思考】Analytical

これら自覚ありです。解説を読むと、

  • 自分の特長
  • 陥りがちな失敗パターン

が浮き彫りになります。「ああ、これも強みなんだな」と気づかなかった所を指摘してくれることもあります。
今作の各資質ごとの「行動アイデア」は大変興味深いですね。
特に私は行動や実行が伴わないことが多い*1ので背中を押してくれるようです。

*1:考えたり、思いを巡らせたり、計画を立てることだけは比較的容易にできるのですが